異色ベンチャーに学生4万人が殺到する理由

型破りのインターンシップで、学生の心わしづかみ

ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は、大手企業向けERP(統合基幹業務システム)パッケージの開発・販売・サポートを行うメーカーだ。1996年創業のベンチャー企業だが、すでにベンチャーと呼ぶには大きくなりすぎているかもしれない。

大手企業1000企業グループ以上に同社パッケージが導入されており、人事給与パッケージ市場での国内シェアは2002年から日本一。連結従業員数は2700名に及ぶ。

リクルーティンググループの岡本直典グループリーダー

知名度の低いB to B企業は新卒採用で苦労することが多いが、同社は違う。02年から実施している採用直結型の「問題解決能力発掘インターンシップ」は、学生間の口コミで評判が広まり、現在では年間4万人が応募している。

一般的に日本で実施しているインターンシップは期間が短く、学生は無報酬で参加するが、「問題解決能力発掘インターンシップ」への参加学生には日当が支払われる。

また3年生、4年生に限定しておらず、1年生から参加できる。そして優秀学生に対しては複数年有効な「入社パス」が授与され、その期間内であればいつでも入社することができる。これらは日本の新卒採用の常識とはかけ離れている。

こんな型破りの採用施策を始めた経緯、その成果についてリクルーティンググループ岡本直典グループリーダーに聞いた。 

次ページ入社6カ月でプロに育てる研修が人気化
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。