前年よりも改善した2013年新卒内定率

厚労省・文科省調査は中小規模大学を反映しているか

HR総合調査研究所が、全国の国公私立大学キャリアセンターを対象に2012年9月18日~10月26日に実施した調査の概要を紹介したい。アンケート回収校は全国の国公私立大学285校。

質問項目は現4年生に関するもの、現3年生に関するもの、既卒者に関するものと多岐にわたるため、2回に分けて報告したい。

内定取得率は単純平均で52.5%

厚生労働省・文部科学省による平成24年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」の10月1日現在の調査結果が発表された。それによると、昨年の59.9%から3ポイント改善して63.1%となった。

一方、HR総研の調査では、最も多いのが「50%程度」(25%)、2位が「60%程度」(18%)、3位が「40%程度」(16%)と、40~60%に約6割の大学が集中している。まったく予測がつかないとする大学が6%あるものの、「30%以下」は15%、「70%以上」が19%となっており、予測がつかないとする大学を除く単純平均値は52.5%である。

厚生労働省・文部科学省の調査対象校は国立大学21校、公立大学3校、私立大学38校、計62校に限定されており、その回答のみを基に集計されている。全体の内定状況として引用されることが多いが、実際は限定的な調査であることに注意したい。

HR総研の調査は大学規模別でも集計しているが、規模別の差異は大きい。「60%程度~90%以上」と回答した大規模校(5001人以上)は50%に達するが、中規模校(1001~5000人)と小規模校(1000人以下)では3割程度にとどまっている。このように苦戦する中小大学の状況は、就職内定状況調査に反映されていないものと思われる。

 
次ページキャリア関連セミナーは大規模校ほど実施
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT