麻布生は中1から領土問題を論じます

麻布学園 氷上信廣校長に聞く

麻布学園は関東では開成学園、武蔵高等学校と並ぶ、関東御三家の一角をなす名門校だ。東大合格者数も90名と高い進学実績を誇る。それとともに有名なのが自由な校風。
一般的な中学、高校とは異なり、制服もなければ髪を染めることも禁止されていない。生徒任せの自由な校風から、どのようにして日本屈指の優秀な生徒は育てられるのか、氷上信廣校長に話を聞いた。

そもそも「校則」すらない

――自由な校風と聞きますが

はい、非常に自由です。生徒によく言うのは、「牧場に例えれば“麻布牧場”では自由が保障されている。でも普通の牧場(学校)と違うのは柵がないことだ。しかもその先は崖だぞ」ということです。要するに自由を満喫するのは結構だけど、社会との線引きは自分たちでやらなきゃいけない、ということを教えます。

中には崖から落ちて痛い目を見る生徒もいますが、「自由と自律はコインの表裏の関係」ということを知ってもらおうと思っています。だから麻布では制服もなければ染髪もOKです。そもそも明文化された校則もないですからね。

多分私の口からいくら説明してもなかなかわからないでしょう? とにかく現場を見てもらうのが一番です。

そういうと校長自ら学校の中を案内してくれた。案内された図書室では生徒たちが熱心に勉強していた……。

と思いきや、携帯電話をいじっている生徒や携帯ゲームをしている生徒、中には寝転がって勉強している生徒もいる。話を聞いた高校2年生は「高校3年から真面目に受験勉強をしようかなぁ、と思っています。志望校は京都大学です」と語る。通常、進学校では高校2年生から受験勉強を開始する。高3から受験勉強では遅すぎないか……と思う記者をよそに、のんびり音楽を聴いている。

「こんな風に見えますが、彼らは優秀です。特に知的好奇心に関しては目を見張るものがあります」と校長は語る。インタビューは図書館で始まった。

次ページ中1で領土問題を議論する教育
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT