「都合よく解釈する人」は、なぜ成功するのか

期待を超える成果を出すための3ステップ

ミドルマネジャーとして期待以上の成果を上げるには?(写真:Ushico / PIXTA)
マネジャー、中間管理職といえば、上司と部下にはさまれ、さまざまなしがらみにとらわれている姿を思い浮かべる人も多いだろう。
10万人のビジネスパーソンが学んだグロービスの調査結果をベースにした『これからのマネジャーの教科書』では、マネジャーがつらい状況に陥ってしまう理由として、状況を打破するための「リーダーシップスキル」「仕事に対する想いの力(ウェイ)」「周囲との考えの違いを乗り越える力(ギャップ)」の3つの力が足りないことを挙げている。逆に言えば、周囲から一目置かれるマネジャーはこれら3つの力を、紆余曲折ありながらもしっかりと身に付けている。執筆者のひとりであるグロービス経営大学院経営研究科研究科長・田久保善彦氏に、マネジャーがどのように3つの力を身に付けているのかを解説してもらう。

まずは自分を変え続ける

期待を超えるミドルマネジャーが、マネジャーにとって大切な3つの力、すなわち「リーダーシップスキル」「仕事に対する想いの力(ウェイ)」「周囲との考えの違いを乗り越える力(ギャップ)」を獲得していく過程においては、

・挫折を経験した
・大きな壁を乗り越えた
・その時の自分の実力を大きく超える仕事にチャレンジした

 

しがらみを乗り越え、成果を上げるマネジャーの思考プロセスを解説。本書の刊行を記念してセミナーを開催します。詳しくはこちら

といった強烈な体験を元にし、その結果として「徹底して自分を磨き上げた」というパターンをたどることが多い。

彼らは、日々直面するさまざまな経験から、何かしらを学び取り、環境の変化に適合しながら、新しい自分を作り出している。

この何らかの経験をきっかけに、厳しくとも逃げ出さず、困難に正面から向き合い、自分を変えていくことこそが「自己を変革する力(自己変革力)」である。

自己変革を通じて必要な力を獲得、上書きして、ミドルマネジャーとして期待以上の成果を上げているのである。

次ページ自己変革するための3ステップ
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。