ホームレスに、リーダーシップを学ぶなら

MIT流、思い込みを打ち破る方法

 

「U理論」という経営理論で知られるオットー・シャーマー上級講師 Photo by Stuart Darsch

U理論とは、「過去や偏見にとらわれず、自分を見つめ直し、新たな未来を創造していきましょう」という理論だ。経営学に哲学や心理学、認知科学、東洋思想まで織り込んでいるという。

簡略化して説明すると、「U」という文字を書くときのスタート地点が、「既存の概念に縛られている自分」、真ん中が「偏見から解放された自分」、そして、最終地点が「新たな未来を創造している自分」だ(詳しくは、「U理論―過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術」(オットー・シャーマー著、英治出版)をご参照ください)。

このU理論を実践するというだけあって、この授業は、他に類を見ないような実践的な学習をする。

たとえば、「粘土で自分の世界を表現する」という授業がある。本当の自分とは何かを、普段とは違った視点から知るための演習だ。

また、あるときのテーマは、「ミラーリングと創造的な対話」。相手の話にしっかりと耳を傾けた後、自分の中に浮かび上がってきたイメージを話す(ミラーリング)。そして、対話の中から新しい視点、解決法を見つけていく(創造的な対話)。

山本さんに最もインパクトを与えた演習は、「Empathy Walk」(自分と正反対の世界にいると思われる人たちの声に耳を傾けましょう、という演習)だった。

マサチューセッツ工科大学スローンビジネススクール
アメリカ・ボストン、マサチューセッツ工科大学(MIT)の経営大学院。1914年創立。Action Learning Labsと言われる実地研修で名高い。世界有数の工科大学のビジネススクールらしく、IT系に強いカリキュラムに特徴。工学部とのジョイントプログラムもある。卒業生の29%がコンサルティング、17%がIT業界へ進む。
(日本語ウェブサイト) http://web.mit.edu/sloanjapan/101/index.html

演習では、ウクライナ出身の同級生と一緒に、「自分がいる世界とはまったく違う世界」の定義づけをし、経済的に恵まれていない人の話を聞くことに決めた。山本さんは、ボストン中心部のハーバードスクエア地区にいつもいる「新聞売りの男性」のことを思い出した。

男性は、ボブという名前の、アフリカ系アメリカ人だった。ボブさんは、自分のことを聞いてもらったのがうれしかったのか、身の上話を2時間にわたって語ってくれたという。男性はかつて、有名ミュージシャンがワールドツアーを行う際のサポートメンバーだった。

「MITの学生か!こういう授業があるのはすばらしいね。レポートを書いたら、ぜひ見せてくれよ!教育は本当に大切だよ。僕は、貧しくて教育を受けられなかったから、一度失業したら、次が見つからなくてね」

次ページホームレス男性が考えていること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT