ホームレスに、リーダーシップを学ぶなら

MIT流、思い込みを打ち破る方法

$100Kは、MITの学生に限らず、大学生、大学院生であれば、世界中どこからでも参加できる世界的なビジネスコンペ。もちろん、日本からも参加できる。

テーマは、「新興国」「エネルギー」「生命科学」「携帯電話」「製品とサービス」「IT」の6分野に限られている。優勝賞金は、ビジネスコンペの名前にあるとおり、$100K=10万ドル(およそ900万円)だ。

$100Kの優勝チームには、900万円の賞金が贈呈される(写真は2009年の優勝チーム)

日本の東北地方とアジアの起業家支援を目的としたWorld in Asiaは、残念ながら、ファイナリストには残らなかった。優勝したのは、CloudTop社(ウェブアプリケーションを提供するビジネス)だった。

2012年、再びチャレンジしてみたが、やはり落選してしまった。World in Asiaは、日本とアジアを支援の対象としているので、「新興国」のカテゴリーではないと判断されたかもしれないと山本さんは分析する。

「うまくコンペの求める6つのテーマにはまらなかったのかもしれません。次に向けて、教授、先輩、同級生など、多くの方々からアドバイスをもらっているところです。

$100Kコンペは、年3回募集があります。私が応募できるコンペは、あと1回。3月に挑戦できますから、あきらめずに応募してみます!」

東北の被災地は、現地でビジネスを生み出す起業家を必要としている。何とか、東北とMITをつなぎたい、という山本さんの挑戦は続いている。

ホームレスの男性からリーダーシップを学ぶ

MITスローンには、「U理論」という経営理論で知られるオットー・シャーマー上級講師の看板授業がある。

「U-Lab: Leading Profound Innovation for a More Sustainable World」(U理論の実践:サステイナブルな世界を目指して、深いレベルでのイノベーションをリードする)というユニークな授業だ。

次ページ自分と正反対の世界にいる人たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT