なぜ今、ビジネスマンに仏教が必要か

僧侶がMBAを取ったワケ

そんなふうにいろいろやって参りましたが、どの取り組みも、「お寺の未来をどうすればよいか」というところから始まっています。そこで、2010年にこれまでやってきたことの整理と今後のビジョン作りをしたいと思い、MBAを取りにインドへ留学しました。

インドでは、お寺にいちばん関係がありそうな、マーケティングとストラテジーを専攻しました。毎回、講義に出るたびに「この戦略フレームワークはお寺の運営にどう役立てられるだろうか?」と考えながら、マネジメントを学んできました。そうしてあらためて見えてきたのが、現代におけるお寺の役割とこれからの姿です。

これからのお寺の姿とは

代々受け継がれてきた歴史や文化を守り、次の世代へとつなげる。日本の社会においてこれまでお寺は、歴史を守る場としての自覚はあれど、未来を創る場としての自覚は薄かったかもしれません。ですが、その歴史や文化に目を向ければ、お寺ほど息長く続く場・組織は、他にありません。

言いかえれば、過去から現在、そして未来へと連綿と続く歴史や文化の軸となり、未来を創る場としての可能性が、お寺には秘められています。現代の人の「こころ」を支えるコミュニティの場へと進化すれば、日本ももっと元気になるに違いありません。

さて、長々と自己紹介を行い、失礼しましたが、このように「みんなと共に未来のお寺を創る」という私の仕事を支えてくれているのが、ほかでもない仏教です。人生の苦しみを解決する道として開かれた仏教ですが、仕事も当然人生の一部、それもかなり重要な一部ですから、そこに仏教が活きないはずはありません。

いよいよ次回からMBA坊主として「仕事に活きる仏教」をご紹介していきます。


 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。