親鸞が生きた時代はいわば日本のルネサンス--『親鸞 激動篇』を書いた五木寛之氏(作家)に聞く

親鸞が生きた時代はいわば日本のルネサンス--『親鸞 激動篇』を書いた五木寛之氏(作家)に聞く

昨年1年間44紙に連載された新聞小説が単行本化された。越後に流された親鸞の中高年期とその周辺の人々を描く。750回忌を迎えた「親鸞」が問うものとは。

──なぜ今、親鸞聖人なのですか。

12世紀から13世紀の世相、社会状況に興味があった。宗教と経済が一体化して、比叡山は近畿から西国、さらに東国に至るまで、宗教ばかりでなく経済をも支配する大きな力を持つようになる。当時の日本は各地に豪族や領主がいたが、荘園制度が混乱していくと同時に、寺社仏閣は巨大な領主でもあった。

純粋な宗教的な情熱を持った人間が、当時の最高学府の比叡山に行く。行ってはみたものの、山を降りる。法然、親鸞、日蓮、道元しかり。あこがれて比叡山に行くが、世俗を支配する大きな実力集団であり、実は政治経済の中心地であったと気がついて、人間の精神性世界を追究しようとすれば比叡山を中途退学するしかない。日本の10大宗教家を挙げると、6人までがこの時代に集中して出ている。これはいわば日本のルネサンス。そういう社会状況は実に面白い。

──なぜ、比叡山はそれほどの権威と経済力を獲得できたのですか。

比叡山は何千人という人々の修行する場ではあるが、当時の貴族や大豪族の二男、三男がバチカンにいるような宗教官僚として出世コースを歩む。宗教は政治、経済と並ぶほどの力を持っていたから、その中で名誉ある高い位に就くのは、中途半端な殿上人よりはるかに成果の上がることだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。