親鸞が生きた時代はいわば日本のルネサンス--『親鸞 激動篇』を書いた五木寛之氏(作家)に聞く

親鸞が生きた時代はいわば日本のルネサンス--『親鸞 激動篇』を書いた五木寛之氏(作家)に聞く

昨年1年間44紙に連載された新聞小説が単行本化された。越後に流された親鸞の中高年期とその周辺の人々を描く。750回忌を迎えた「親鸞」が問うものとは。

──なぜ今、親鸞聖人なのですか。

12世紀から13世紀の世相、社会状況に興味があった。宗教と経済が一体化して、比叡山は近畿から西国、さらに東国に至るまで、宗教ばかりでなく経済をも支配する大きな力を持つようになる。当時の日本は各地に豪族や領主がいたが、荘園制度が混乱していくと同時に、寺社仏閣は巨大な領主でもあった。

純粋な宗教的な情熱を持った人間が、当時の最高学府の比叡山に行く。行ってはみたものの、山を降りる。法然、親鸞、日蓮、道元しかり。あこがれて比叡山に行くが、世俗を支配する大きな実力集団であり、実は政治経済の中心地であったと気がついて、人間の精神性世界を追究しようとすれば比叡山を中途退学するしかない。日本の10大宗教家を挙げると、6人までがこの時代に集中して出ている。これはいわば日本のルネサンス。そういう社会状況は実に面白い。

──なぜ、比叡山はそれほどの権威と経済力を獲得できたのですか。

比叡山は何千人という人々の修行する場ではあるが、当時の貴族や大豪族の二男、三男がバチカンにいるような宗教官僚として出世コースを歩む。宗教は政治、経済と並ぶほどの力を持っていたから、その中で名誉ある高い位に就くのは、中途半端な殿上人よりはるかに成果の上がることだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT