平常心のレッスン 小池龍之介著

平常心のレッスン 小池龍之介著

日々、心穏やかに生きるために最も大切なことは、どんなときも「平常心」を保ち続けること。現役の住職である著者が、平常心を身に付けるための実践的な方法を、仏道の考え方を基に解説する。

人がイライラしたり、へこんだりするのは、プライドや支配欲、快楽への欲求、死の恐怖などにとらわれているからだという。こうした業(カルマ)から脱するためには、物事をあるがままに受け入れること。そうすれば、心乱れず、平穏に暮らせるわけだ。

そうはいっても、なかなかそんな境地に至れないのが人間だが、本書では、仏教の瞑想法を通じて、喜怒哀楽に振り回されず、日々心を落ち着けるための簡単なレッスン方法が説かれている。

朝日新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT