平常心のレッスン 小池龍之介著

平常心のレッスン 小池龍之介著

日々、心穏やかに生きるために最も大切なことは、どんなときも「平常心」を保ち続けること。現役の住職である著者が、平常心を身に付けるための実践的な方法を、仏道の考え方を基に解説する。

人がイライラしたり、へこんだりするのは、プライドや支配欲、快楽への欲求、死の恐怖などにとらわれているからだという。こうした業(カルマ)から脱するためには、物事をあるがままに受け入れること。そうすれば、心乱れず、平穏に暮らせるわけだ。

そうはいっても、なかなかそんな境地に至れないのが人間だが、本書では、仏教の瞑想法を通じて、喜怒哀楽に振り回されず、日々心を落ち着けるための簡単なレッスン方法が説かれている。

朝日新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。