浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか 

島田裕巳著

浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか 島田裕巳著

本書は、日本に存在する仏教宗派を個別に取り上げ、その特徴、宗祖の思想、教団の歩み、社会的影響などを宗教学者が解説したもの。対立と融合を繰り返しながら発展してきた日本仏教の歴史を概観し、現代社会における各宗派の影響力なども考察する。

空海、法然、親鸞、道元など、宗祖の小伝も掲載。また、もともと葬儀とはまったく関係のなかった仏教が、なぜ葬儀を執り行うようになったのか、なぜ日蓮だけがたびたび映画や舞台の題材になるのか、あるいは、曹洞宗の寺院の数はセブン‐イレブンの店舗数より多いなど、各宗派のさまざまな薀蓄(うんちく)なども興味深い。宗派の存在は、日本の仏教を知るうえで大きな意味を持つことがわかる。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT