葬式は必要か、不要か――ブラックボックス化した葬儀

業界に一石を投じる動きも

葬式は必要か、それとも不要か--ブラックボックス化した葬儀業界に一石を投じる動きも

厚生労働省の「人口動態統計」によると、2011年の日本の死亡数は125万3463人。ざっと1000人に9.9人の比率である。正確な統計はないが、これら故人のすべてに「葬式」が行われているかと言えば、もちろんそんなことはない。いまや大都市では、孤独死のニュースは、珍しくなくなった。

この背景には、核家族化による人間関係の希薄化など、さまざまな要因が挙げられる。加えて、インターネットなどの普及によって、価格をはじめ、従来ベールに包まれていた葬式の実態が透明化されてきたことも大きい。

日本消費者協会によると、全国平均の葬式費用合計は199.9万円。およそ200万円弱だ(10年11月実施のアンケートより)。うち祭壇や棺などの一式費用が6割を占めている。とはいえそれも、宗旨・宗派や地域によって異なり、一概には言えない。

「インチキな葬式が多い」と島田裕巳氏が言う実態

『葬式は、要らない』(幻冬舎新書)がベストセラーとなった宗教学者の島田裕巳氏は、「今の葬式にはインチキなものが多すぎる」と断言する。1時間かかるお経が、葬儀会社の指示で10分で終わらせる例もあるなど、本来の供養とはかけ離れた様子を訴えている。

こんな興味深い見方がある。

『面白いほどよくわかる神事・仏事のしきたり』(日本文芸社)などの著書がある渋谷申博氏によれば、現代のいわゆる葬儀屋が出てきたのは、実は明治時代以降だという。

「庶民の場合、それ以前は、葬式組と呼ばれる近所の人たちを中心に、地域で行うものだった。お坊さんは、お経を読んでもらうため、お手伝いとして呼んだ程度」(渋谷氏)。それがいつの間にか、葬式自体が商売となり、スタンダードを押しつけられたというのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT