EV不発、日産がハイブリッド大量投下に転換

16年までに15モデルを発売

世界に先駆け、本格的な量産EV(電気自動車)「リーフ」を投入し、EVの先頭を走る日産自動車。連携するルノーとともにEVを次世代自動車の本命と位置づけてきた。だが、その戦略はどうやら修正が必要となったようだ。

日産の志賀俊之COOは12月12日、環境への取り組みに関して会見を開き、既存車種のモデルチェンジを含めて2016年までに15モデルのハイブリッド車(HV)を投入することを明らかにした(うち1モデルはプラグインハイブリッド)。

日産のHVはこれまで2モデルのみの投入にとどまり、トヨタ自動車やホンダに比べて消極的だった。トヨタは15年までに21車種のHVを投入する方針を示している。これまでの実績を考えれば、日産はかなり急速にHVのラインナップを拡充することを目指しているといえる。EV開発で培った電池やモーターなど最先端の電動技術はHVに生かせるとして、追い上げに自信を見せる。

「長期的にはEVや燃料電池車へシフトする」

志賀COOは、「最終的には、EVや燃料電池車(FCV)といった排気ガスを出さない電気モーター駆動車にシフトしていく、という長期的な流れには変化はない。方針を変えたわけではない」と言う。

だが、新たに打ち出したHVの大量投下は、EVを先行させたエコカー戦略を修正したことを意味する。

次ページリーフの販売は期待外れ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?