トヨタ「カローラ」の凋落

12年販売ランキングに映った、“国民車”の今

日本の自動車ユーザーで「カローラ」の名を知らない人は、ほとんどいないだろう。トヨタ自動車を代表する車として、1966年に登場。69年から2001年まで、国内の車名別販売台数で33年連続トップに輝くなど、正真正銘の「国民車」。トヨタが最も販売に力を入れる車、だった。

「だった」というのがポイントだ。日本国内においては、カローラにかつての看板車種としての輝きは見られない。

「プリウス」「アクア」でワンツーフィニッシュ

1月10日に自動車業界団体がまとめた2012年の国内乗用車販売ランキングによると、トヨタのハイブリッド車(HV)「プリウス」が31万7675台で、4年連続のトップに輝いた。2位もトヨタの新型コンパクトHV「アクア」(26万6567台)。トヨタはHVでワンツーフィニッシュを決めた格好だ。

「カローラは何位?」。気になって探してみると14位、8万0459台だった。軽自動車(エンジン排気量660cc未満)を除いた登録車(同660cc以上)だけで取り出しても8位だ。年間8万台という数字は量販車種としては、十分以上に立派な数字。震災後の反動増やエコカー補助金なども手伝って、前年から販売台数を13%増やした。

ただ、かつてのカローラのすさまじさを知る人間からすると、信じられない実績でもある。カローラは09年にプリウスに首位を譲って以来、登録車の車名別ランキングで6位(09年)→4位(10年)→5位(11年)と5位前後で健闘していたが、販売ランキングだけをみると12年の登録車8位は、もう一段レベルが下がってしまった印象を受ける。

次ページかつてのカローラのすさまじさとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。