トヨタ「カローラ」の凋落

12年販売ランキングに映った、“国民車”の今

昨年よりも順位を落とした要因は、アクアの登場だろう。これまでトヨタのハイブリッド専用車はプリウスだけだったが、小型車分野にアクアが加わって大ヒット。2車種で60万台近くを売り上げ、HVが大躍進した。

かつてトヨタはカローラのランキング1位を確実にするために、あらゆる手を講じていた。ボディタイプにセダン、ワゴン、ミニバン、ハッチバックなどを加え、カローラシリーズとして販売台数を合算。販売現場でも、カローラの1位を守るためのさまざまな販売促進策が採られていた。

だが、プリウスやアクアが販売の中心となった昨年の実績を見るかぎり、トヨタは国内でかつてほどカローラの販売に力を入れる必要がなくなってきているという側面がありそうだ。

「カローラ」もHV仕様追加で巻き返しへ

一方、日本市場ではカローラに固定ファンが多く、世界的には最量販車種の位置づけだ。日本では、今年、カローラにHV仕様の追加が予定されているとされ、巻き返す可能性はある。ホンダも今秋投入を予定している新型「フィット」のHV仕様で、燃費を大幅に向上して、アクアに対抗する算段だ。

結局のところ、もはや日本の「国民車」の地位は、燃費が良く、環境に優しいイメージも定着したHVに完全に取って代わってしまったということだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT