ホンダが「アクア」独走に待った

新型HVエンジンを開発

ホンダが、小型自動車向けの新型ハイブリッドエンジン「スポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ(IDCD)」を発表した。かねて表明していた燃費ナンバーワンハイブリッドカーを実現するエンジンシステムで、2013年以降、全世界に投入される新型フィットなどの小型ハイブリッド車に搭載される。

今回開発したIDCD(=右写真=)は、エンジンとしては、既存の1モーター型ハイブリッドエンジン(排気量1.5リットル級)に比べて30%以上の効率向上を実現した。市販車に搭載するにあたっては、車体の軽量化や空力性能の改善なども合わせ、現行フィット・ハイブリッドに対して、30%を超える燃費向上が見込めるという。

新型フィットのハイブリッド車は、トップセラー車に成長したトヨタのコンパクトハイブリッド車「アクア」を上回る燃費数値になる見通しで、価格帯は現行車とほぼ同等になる。

国内自動車市場では、トヨタがハイブリッド車を牽引力に快走しており、ホンダは再注力中の軽自動車「N BOX」で食らいついているものの、ハイブリッド車では後れをとっている。今回発表したハイブリッドエンジンで、トヨタの独走に何とか「待った」をかけたい考えだ。

従来システムとの違い

ホンダはこれまで既存のエンジン、トランスミッションシステムに、補助動力としてモーターを組み込む形でハイブリッド車を開発してきた。この方法は簡単・低コストでハイブリッド車を実現できるものの、組み込むモーターに制約があるなど、燃費性能の向上には限界があった。これに対して、今回は、1モーターによるハイブリッド専用のシステムとしてエンジンやトランスミッションをオリジナルで開発した。

次ページモーター単独でも走行可能に
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。