ホンダvs.スズキ、軽トールワゴンで激戦

絶好調「NBOX」を新型車「スペーシア」が追撃

軽自動車市場でホンダ「NBOX」(=タイトル下写真=)の旋風が止まらない。2013年1月の販売台数は2万0552台と、2位の「ムーヴ」に約5377台の差を付けて4カ月連続の1位を記録。エコカー補助金があった昨年7月以来の2万台を回復した。

ダイハツ工業の主力車種として昨年末の大型改良をしたばかりの「ムーヴ」でさえ寄せ付けないNBOX。軽乗用車としてはもっとも背が高いトールワゴンで、1.7メートルを超える車高を武器にした車内空間の広さが、ファミリー層を中心として人気を呼んでいる。

そんなNBOXの快進撃に一矢報いるか、と注目を集めているのが、スズキが2月下旬に発売を予定する新型ワゴン「スぺーシア」だ。NBOXと同じ車高1.7メートル超のトールワゴンで、後席をスライドドアとした設計である。関東地方の人間には何やら日光方面へと向かう某鉄道会社の特急電車を思わせる「スペーシア」の車名は、まさに車内「スペース(空間)」が広いという特徴を強調するネーミングだ。

「パレット」の後継車種で登場

このスペーシアは、現在、スズキが同じカテゴリーで展開する「パレット」の後継車種。通常ならばフルモデルチェンジ(全面改良)するところだが、あえて既存のブランドを廃し、新車名で挑むところにスズキの本気度を感じさせる。

パレットは、トールワゴン人気の先鞭を付けたダイハツ「タント」の競合車種として2008年投入されたものの、タントの牙城を崩せなかった。そうこうするうちに、伏兵であるNBOXの登場でさらに苦戦を強いられていた。

次ページ「パレット」の売れ行きは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。