トヨタ「1ドル79円でも利益出る」

5年ぶりに単独営業黒字へ、収益改善のワケ

歴史的な円高を乗り切った、トヨタ自動車にかつての強さが戻りつつある。

トヨタは2月5日、2013年3月期の単独営業利益が1700億円と5年ぶりに黒字転換する見通しになったと発表した。従来は200億円の営業赤字を予想していたが、好調な北米の販売増や円安を追い風に収益を大きく改善する。

「今は1ドル79円でも単独で利益を出せる」。同日、2013年3月期第3四半期決算発表に臨んだ伊地知隆彦専務は、力強く言い切った。今期、トヨタの販売台数はリーマンショック前の水準を回復する見通しだが、当時の為替レートは1ドル110円台後半。その後、歴史的な水準に円高が進み、トヨタ単独では日本からの輸出による採算が大幅に悪化したのが、4年連続で単独営業赤字に陥っていた要因だった。

固定費を削り、1台当たりの粗利を改善

「リーマンショック前は、投資の拡大による固定費増が販売の収益を食ってしまい残ったのは、円安メリットだけだった。この反省にたって固定費を削り、1台当たりの粗利を改善した」(伊地知専務)。リーマンショック後に急減した需要に対応するために進めてきた収益構造の改善に、円安の追い風が吹いた格好だ。

トヨタ自動車が2月5日に発表した2013年3月期第3四半期(12年4~12月期)決算は、売上高が前年同期比26%増の16兆2271億円、営業利益は8185億円と、同6倍に躍進した。

次ページ連結業績は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT