ホンダ「アコード」の決断

ハイブリッド専用で日本に投入する狙い

北米で販売しているアコードのプラグインハイブリッド(PHV)仕様

ボンネットとトランクを持つ5人乗りのクルマ。昭和の日本では、乗用車といえばセダンが定番中の定番だった。ところが平成に入るとミニバンやコンパクトカー、SUV(スポーツ多目的車)など車種の選択肢が広がり、今や国内乗用車市場、特に日本車でセダンを選ぶ消費者は圧倒的な少数派になってしまった。

トヨタ自動車「マークⅡ」が「マークX」に、日産自動車「ブルーバード」が「シルフィ」へと名前を変えたことに代表されるように、「コロナ」「カリーナ」(トヨタ)、「セドリック/グロリア」「サニー」(日産)などといった、かつて日本の乗用車市場を引っ張ってきたセダンのビッグネームは、次々とその名を消してしまっている。

「昔の名前で…」は通用しない

「昔の名前で出ています」と定番ブランドのセダンを従来どおりにモデルチェンジしていては、日本の消費者は見向きもしない。ピンクのボディカラーで話題になっている新型「クラウン」をトヨタが投入(関連記事はこちら「トヨタ『クラウン』の憂鬱」)したのは、象徴的な出来事といえる。

高級セダン「レジェンド」「インスパイア」が昨年、それぞれ終止符を打ったホンダも、同様の危機感を持っている。そのホンダが代表車種「アコード」で、大胆な決断に踏み切った。

ホンダは3月15日、国内で「アコード」の新型車を6月に発売すると発表した。2012年秋に北米で先行発売したモデルを、日本でも投入する。今回の新モデルが通常のモデルチェンジとワケが違うのは、ホンダが思い切った車種構成へ舵を切るからである。

次ページ北米での人気は高いが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。