日産の誤算、裏目に出た強気計画

中国、日本、米国で精彩欠く

「第3四半期までは目標未達、第4四半期も販売台数は前年割れもありうる」──。

急速な円安進行や好調な販売で上方修正が相次ぐ自動車業界だが、日産自動車の田川丈二執行役員は第3四半期決算発表の席上、足元の厳しい状況を明らかにした。

日産の場合も、「円安効果で第4四半期だけで見ても500億円以上利益が上振れする可能性がある」(田川氏)にもかかわらず、業績上方修正は見送らざるをえなかった。

苦戦の大きな要因の一つが、躍進を期していた米国市場での誤算だ。米国全体の新車販売台数は2012年暦年で13.4%伸びたにもかかわらず、日産は9.5%増にとどまりシェアダウン。一方でトヨタ自動車が26.6%、ホンダは24%の伸びを記録した。両社は11年に震災やタイ洪水で不振だった面があるが、日系大手では日産の独り負けだ。

日産は12年度、中型セダン「アルティマ」、SUV「パスファインダー」、小型セダン「セントラ」をモデルチェンジ、販売攻勢をかける青写真だった。特に「アルティマ」は米国で最も売れ筋の乗用車カテゴリーで、日産にとっても最量販車種だ。

これらの新型モデルについて、通常2交代生産のところ3交代生産にするなど、一気に生産を立ち上げてシェア獲得に臨む構えだった。

ところがこの意欲的な計画が裏目に出てしまう。「高い目標を掲げて急激な増産を行った結果、部品会社との連携などで課題を抱え、生産に混乱を来してしまった」(田川氏)。しかも、昨年11月時点では、12年7~9月期まででほぼ混乱は収まった、との見方を示していたものの、結局「1月まで混乱が残った」(田川氏)と打ち明ける。

次ページ部品メーカーから恨み節
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。