日産の誤算、裏目に出た強気計画

中国、日本、米国で精彩欠く

「第3四半期までは目標未達、第4四半期も販売台数は前年割れもありうる」──。

急速な円安進行や好調な販売で上方修正が相次ぐ自動車業界だが、日産自動車の田川丈二執行役員は第3四半期決算発表の席上、足元の厳しい状況を明らかにした。

日産の場合も、「円安効果で第4四半期だけで見ても500億円以上利益が上振れする可能性がある」(田川氏)にもかかわらず、業績上方修正は見送らざるをえなかった。

苦戦の大きな要因の一つが、躍進を期していた米国市場での誤算だ。米国全体の新車販売台数は2012年暦年で13.4%伸びたにもかかわらず、日産は9.5%増にとどまりシェアダウン。一方でトヨタ自動車が26.6%、ホンダは24%の伸びを記録した。両社は11年に震災やタイ洪水で不振だった面があるが、日系大手では日産の独り負けだ。

日産は12年度、中型セダン「アルティマ」、SUV「パスファインダー」、小型セダン「セントラ」をモデルチェンジ、販売攻勢をかける青写真だった。特に「アルティマ」は米国で最も売れ筋の乗用車カテゴリーで、日産にとっても最量販車種だ。

これらの新型モデルについて、通常2交代生産のところ3交代生産にするなど、一気に生産を立ち上げてシェア獲得に臨む構えだった。

ところがこの意欲的な計画が裏目に出てしまう。「高い目標を掲げて急激な増産を行った結果、部品会社との連携などで課題を抱え、生産に混乱を来してしまった」(田川氏)。しかも、昨年11月時点では、12年7~9月期まででほぼ混乱は収まった、との見方を示していたものの、結局「1月まで混乱が残った」(田川氏)と打ち明ける。

次ページ部品メーカーから恨み節
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。