日産のEV「リーフ」、挽回できるか?

4月から値下げを断行

日産自動車は1月17日、電気自動車(EV)「リーフ」を4月から値下げすると発表した。リーフは、昨年11月にマイナーチェンジ(一部改良)を施し、新たな価格体系での販売を開始したばかりだが、販売低調のため、先日、価格の引き下げ方針を明らかにしていた。

各グレードとも現行価格に対して約28万円値下げし、政府補助金78万円(2012年度と同等想定)控除後で221.3万~299.7万円とした。現行価格は、廉価グレードを設定したほかは、マイナーチェンジ前の旧型とほぼ据え置きとしていた。

航続距離は一朝一夕に延ばせない

価格据え置き方針を撤回して、異例の値下げに打って出た理由について、会見した片桐隆夫副社長は「航続距離と価格に対して顧客からの強い要望がある。EV市場拡大に向け、引き続き業界のリーダーシップを取ってゆくために価格引き下げを決めた」と説明した。

航続距離を一朝一夕に引き延ばすことは不可能。よって、価格の引き下げで販売のテコ入れを目指すわけだ。「マイナーチェンジ時と値下げ発表の時期がずれたのは、マイナーチェンジ後の市場の反応から学んだ」と語った。

マイナーチェンジ後にすでに現行価格で購入、あるいは値下げされる4月までの間に購入した顧客には、日産店舗で整備や部品購入に使えるクーポンを、値下げ相当額分提供するという。

次ページマイナーチェンジの効果は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。