日産のEV「リーフ」、挽回できるか?

4月から値下げを断行

日産自動車は1月17日、電気自動車(EV)「リーフ」を4月から値下げすると発表した。リーフは、昨年11月にマイナーチェンジ(一部改良)を施し、新たな価格体系での販売を開始したばかりだが、販売低調のため、先日、価格の引き下げ方針を明らかにしていた。

各グレードとも現行価格に対して約28万円値下げし、政府補助金78万円(2012年度と同等想定)控除後で221.3万~299.7万円とした。現行価格は、廉価グレードを設定したほかは、マイナーチェンジ前の旧型とほぼ据え置きとしていた。

航続距離は一朝一夕に延ばせない

価格据え置き方針を撤回して、異例の値下げに打って出た理由について、会見した片桐隆夫副社長は「航続距離と価格に対して顧客からの強い要望がある。EV市場拡大に向け、引き続き業界のリーダーシップを取ってゆくために価格引き下げを決めた」と説明した。

航続距離を一朝一夕に引き延ばすことは不可能。よって、価格の引き下げで販売のテコ入れを目指すわけだ。「マイナーチェンジ時と値下げ発表の時期がずれたのは、マイナーチェンジ後の市場の反応から学んだ」と語った。

マイナーチェンジ後にすでに現行価格で購入、あるいは値下げされる4月までの間に購入した顧客には、日産店舗で整備や部品購入に使えるクーポンを、値下げ相当額分提供するという。

次ページマイナーチェンジの効果は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT