東大発!「模範解答のない入試」の衝撃度

大学入試の未来像は企業の採用にあった

話題になった東大の入試問題。いったい何が変わったのか?(green / PIXTA(ピクスタ)

2016年に、開学以来初めて推薦入試を導入した東京大学。日本の最難関と評される東大が、歴史・伝統ある入試の枠組みを改革したことで大きな話題となった。

「日本のこれからの入試をリードする新しい試み」との評価や、「面接試験では公平な選考を行えない」といった批判など、賛否両論飛び交ったが、実は、同じ2016年の東大の一般入試にも、注目すべき変化が起こっている。この変化はいったい何を意味しているのか?

国が発表した指針によれば、これから2020年までの間に、大学入試は大きく改革されていくという。東大の入試改革はその一端に過ぎない。果たして、大学入試は、どのように変わっていくのか? わが子の受験は、どうなってしまうのか? 最新の東大入試問題から考えてみる。

危機管理能力を見る入試?

さて、入試会場でこんな問題を出されたら、あなたならどう解答するだろうか?

Q:下の画像について、あなたが思うことを述べよ。全体で60〜80語の英語で答えること。

これは、今年、東大の英語の筆記試験で出題された問題を再現したものだ。実物も、画質の悪いモノクロ写真。いったい何だか判別がつかない生き物を、指でつまもうとしているように見える写真だった(実際の入試問題:日本経済新聞社 2016年入試速報)。いったいこの問題は、何を問うているのか?何が模範解答なのか? 受験者の多くが、動揺したのではないだろうか。

次ページまるで企業の採用試験
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。