「死んだ時間」が、難関入試の分水嶺になる

勉強の「量」や「時間」にこだわる生徒は危ない

「スベル生徒」にならないため、改善すべきことは?(写真:【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA)

今年の医学部入試も終わり、国公立後期入試の発表も出そろった。いよいよ2017年の入試に向け、4月から新年度のスタートという状況である。

そこで今回は、親御さんや受験生本人の参考となるよう、私の目から見て、「合格する生徒」と「合格しない生徒」の違いは何か、どこに差異があるのかについて、少しお話ししてみたい。

約30年間にわたり受験指導をする中で、難関医学部に合格していく子どもの特徴を観察していると、彼らに共通して備わっている「7つのエレメント」があることに気づく。

合格する生徒に共通する「7つのエレメント」

1.勉強の価値は学習時間や学習量では決まらないと考えている
勉強の価値はどれだけ深く理解したかであり、どれだけ時間をかけたとか、量をこなしたということでは決まらない、と考えている。
2.「能動的に考えること」を重視し、与えられた知識に偏重することをしない。
暗記中心の学習には限界があることに気付いている。思考こそが記憶の土台となることを熟知している。
3.「基礎を固めること」を第一に掲げ、入試が近付くにつれ志望校の「過去問」の分析を重視する。
「教科書」の完全マスターが、まず重要である。基礎が完成したら、戦略として志望校の出題の「クセ」をマスターするため、過去問の演習を重視する。
4.「死んだ時間」が不合格の温床であることを理解している。
合格に直結しない「死んだ時間」(長すぎる気分転換やムダな世間話などの時間)を過ごすことなく、それを極力排除している。
次ページ残りの3つは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT