「死んだ時間」が、難関入試の分水嶺になる

勉強の「量」や「時間」にこだわる生徒は危ない

この発言は、合格者の多い群、不合格者の多い群の分水嶺が何であるかを言いあてているだろう。そして、この発言の示すものは、当たり前と言えば至極当たり前の話なのだが、

・勉強が数字や量として目に見えると、妙にやった気になり、自己満足という形で完結してしまう。

・数字や量に現れない「本質的理解」こそが真の勉強であり、学力の根底を支えている。

ということであろう。

やたら「息抜きは重要」と言っていないか

合格者の「7つのエレメント」として紹介した1~3は、こうした勉強の仕方・勉強に向かう姿勢に関係するものだが、もうひとつ「生活習慣」との関連で重要なのが、4で示した「死んだ時間」の排除である。

指導の過程で気づいた、不合格となる受験生の「死んだ時間」の例をいくつか抽出すると、

・「息抜きが何よりも重要だ」と、やたら息抜きばかりしている。

・スマホをいじり始めると止まらず、寝るまでいじり続けることがある。

・予備校の談話室などでお茶を飲み、お菓子を食べながら、長々と講師の噂話をしたり、勉強の大変さを慰めあったりしている。

というようなものである。これを私は「スベル人の特徴」として、教え子によく警告している。

受験というものは長い長い戦いである。その意味からは、普段の何気ない日常生活の過ごし方が重要で、その過ごし方が悪ければ、時の経過とともに決定的な差が生じてしまうものだ。

そして、負の要素が少しずつ積もることで、1年間では大きなマイナス要因が累積されてしまう。負の要素に気付き、それを改めることが出来なければ、合格は遠い遠い道のりとなってしまうだろう。

医学部入試に関する情報は小林公夫オフィシャルサイトでも随時紹介しています。参考にしてください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。