「企画はタイトルが9割」、鈴木おさむが指南

どの業界にも通用する10のルール<後編>

ヒット企画を生み出すためには、どんな思考や行動が必要なのか。後編は「実践編」
『新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます』を売り出し中の鈴木おさむ氏が語る企画の作り方。後編は「実践編」。

前編:鈴木おさむが指南「絶対ウケる企画の作り方」

(6)企画はタイトルが9割

 

タイトルは、1回聞いて覚えられるようなインパクトのあるものがベストです。あとは、略せるというのも大事。

それでは、キレのいいタイトルをどう考え出すのかというと、頭のなかで考えるだけではなくて、辞書や本、雑誌の中から関係ない言葉を引っ張ってくることがポイントです。 

ケーキの企画だとしたら、ケーキに関係する資料を見る人が多いと思いますが、たとえば車の本とか、ケーキから遠いところにある文字を追っていくと、意外とその言葉がピッタリはまることがあるんです。

「みんなが使っている言葉」を大切に

僕が大切にしているのは、「みんなが使っている言葉」です。それを、いかにスパンッと使うかを考えています。今井華ちゃんと仕事をしてから、彼女の渋谷の仲間と飲むようになったんですけど、彼女たちはよく「場面」という言葉を使うのです。「出会いが」という意味で「場面が」と言ったりする。僕は最初それが大嫌いだったんだけど、最近、広く使われるようになって、ビジネス言葉としても使われ始めているから面白いなと思います。コント番組をするときに「○○の場面」とか使えたらいいなと思っています。

次ページ企画にエッジを
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT