鈴木おさむ直伝!「絶対ウケる企画」の作り方

どの業界にも通用する10のルール<前編>

ヒット企画を生み出すためには、どんな思考や行動が必要なのか。放送作家の鈴木おさむ氏が10のポイントに分けて解説する
どんな仕事でも、新しいアイデアを提案できる人材が求められている今の時代。ヒット企画を生み出すためには、どんな思考、行動が必要なのか。これまで数々の人気企画を世に送り出してきた放送作家で、企画の作り方を明かした『新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます』を著した鈴木おさむ氏に、10個のポイントに絞ってウケる企画の作り方を語ってもらった。まずは前編の準備編から(後編の実践編は16日公開予定)。

 

(1)企画に興味を持ってもらえる人間になる

僕は19歳の頃からあるラジオ局でお仕事をさせてもらうようになったのですけど、大学生の言葉なんて大人には相手にしてもらえないんですよ。自分が絶対に面白いと思っていても、企画書を読んですらもらえなかった。

先輩の企画には興味津々

それで、どうしようかと悩んでいるときに、僕より半年先にその局で仕事をしていた年上の先輩が、なべやかんさんの「明治大学替え玉受験」の事件の当事者だったのです。まさに替え玉役の張本人で、大学を退学になって、僕はニュースでその事件を知ったときに「あいつ、人生終わったじゃん」と思っていた。

でも、そのラジオ局では、ディレクターさんが僕にその先輩のことを「こいつは替え玉事件の犯人なんだぞ、すげえだろ!」と言ったんです。僕の出す企画には興味を持たないのに、その先輩の企画はみんなに読んでもらえる。「お前、面白いな!」なんて言われている姿を見て、僕は悔しくて悔しくて。戦力として認めてもらうためには、まず「興味を持たれる」というスタートラインに立つことが大切なんだと学びました。

それで当時、周りの先輩たちがSMクラブの話で盛り上がっていたから、ひとりで勇気を持って行ってみたのです。すると、そんな僕の体験に皆が興味を持って、企画書も読んでもらえるようになりました。

次ページ男は絶対に美人の企画を通す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。