斬新!会議メモは「ヤフーニュース」調で蘇る

自分にも相手にも、伝わらなければ意味がない

今回は、的確に伝える「つたメモ」のテクニックをご紹介(写真 :Graphs / PIXTA)
仕事でメモを取ってはいるが、ほとんど見返したことがない、読み返してみてもごちゃごちゃして意味不明……。そんな人も多いのではないでしょうか。
しかし、ちょっとした「コツ」を覚えるだけで、仕事のクオリティが飛躍的にアップする、簡単なのに効率的な「メモ術」があります。サントリー「伊右衛門」のCMなど多くのヒットを飛ばす現役コピーライターの小西利行が、著書『すごいメモ。』(かんき出版)の中からお伝えします。

「伝える」ではなく「伝わる」ことが大切

私は現在、POOL Inc.という会社を率いて、コピーライティングだけでなく新商品開発、店舗、商業ビルなどのプロデュースを手掛けています。代表的なプロダクトは、サントリーの「伊右衛門」や「ザ・プレミアム・モルツ」、日産自動車セレナ「モノより思い出」、TOYOTA「もっとよくしよう」、ライザップ、「イオンレイクタウン」のクリエイティブ・ディレクションなど。日々、数十もの案件を同時並行で進めています。

私のキャリアのスタートは広告代理店でしたが、新人時代は正直、仕事のできないダメなコピーライターでした。しかし、そこから飛躍を遂げることができたのは、「使えるメモ」の取り方を知ったおかげです。「メモは仕事にもっとも役立つツールだ」と気づいてから約20年間、思考錯誤の中で自分なりの効率的なメモ術を編み出してきました。

そしてそれらを、大きく3種類に体系付けてみました。それが、情報をまとめる「まとメモ」、アイデアをつくる「つくメモ」、人に伝える「つたメモ」です。

次ページ今回は「つたメモ」テクニックをご紹介
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT