日本人はビジネスでの「音」の力を知らない

「音の参謀」が明かす耳から顧客を掴む方法

身の回りに耳を傾けてみると、あらゆる音に囲まれていることがわかります(写真:wavebreakmedia / PIXTA)
「音」は、私たちの潜在意識に働きかけ、気分・嗜好・行動・選択に大きな影響を及ぼす。ならば、ビジネスに「音」を活用しない手はない。
ディズニー、AT&T、サウスウエスト航空などの「サウンド・マーケティング戦略」をコンサルティングし、『なぜ、あの「音」を聞くと買いたくなるのか』を上梓した筆者が、ビジネスと「音」の関係を解説する。

聞こえる音に耳を澄ましてみよう

ディズニーやヴァージン、メルセデス、AT&T、サウスウエスト航空、コカ-コーラなどの「サウンド・マーケティング戦略」をコンサルティングした世界的第一人者による初めての書籍『なぜ、あの「音」を聞くと買いたくなるのか』、ついに邦訳。

手始めに、ちょっとした練習をしてみよう。これをすれば身の回りの音に自分がこれまでいかに無関心だったかがよくわかる。場所はどこでもいい。まず目を閉じて、聞こえてくる音に耳を澄ましてほしい。それから風を思い浮かべよう。すぐに風が吹く音が聞こえただろか? 次に耳鳴りを想像してみてほしい。すぐに聞こえただろうか?

ではもう一度目を閉じて。今度は2分間目を閉じたまま、どんな小さな音でもいいから全部拾ってみてほしい。最初の数秒で一番大きな音をキャッチするはずだ。たとえば、隣の部屋から漏れてくるテレビの音、近くで閉まるドアの音──。それが前景音だ。そうした音を意識したまま、もう少し先に進もう。しばらくすると、ハイウェイを走る車の音や外で遊ぶ子どもたちの声が聞こえてくるかもしれない。それが背景音。中景音はその真ん中あたりの音だ。

長い時間をかけるほど、いろんな音に意識が向くようになる。超能力を使っているわけではない。初めて耳にする音でもない。実は人間の聴覚は、こうした音の振動を常に察知している。意識して聞くことに慣れていないだけだ。ヨガや瞑想をしている人は音を聞き分けることに慣れているかもしれない。

次ページ音は私達にどのような影響をもたらしている?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT