ジョエル・ベッカーマン
作曲家、テレビプロデューサー

作曲家、テレビプロデューサー。音楽・広告業界で数々の受賞歴を誇る。米誌ディテールズが「現代音楽の巨匠フィリップ・グラスと敏腕広告クリエーターのド ン・ドレイパーに匹敵する才能の持ち主」と絶賛。サウンド・マーケティング戦略を専門とするマンメイド・ミュージック社の創立者。米誌ファースト・カンパ ニーが選ぶ「世界で最もクリエーティブなビジネスパーソン トップ100」の1人。またマンメイド・ミュージック社は同誌によって音楽業界における「最も革新的な企業」の1つに選ばれている。これまで作曲したテレ ビ番組の主題歌は50曲以上にのぼる。米国作曲家作詞家出版者協会主催の、最多演奏曲賞(主題歌部門)を9年連続受賞。ディズニー、AT&T、サ ウスウエスト航空などの大手企業をクライアントに持ち、サウンド・マーケティング戦略を支援。ジョン・レジェンド、ウィル・アイ・アム、モービー、オー ケー・ゴー、モーガン・フリーマン、そして映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズとの共作もある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。