頭が片づく!人気コピーライターの「メモ術」

アイデアを生む人の「思考の整理」

仕事のクオリティが上がる、簡単で効果的な「メモ術」を解説します(写真 : Syda Productions / PIXTA)
仕事でメモを取ってはいるが、ほとんど見返したことがない、読み返してみてもごちゃごちゃして意味不明……。そんな人も多いのではないでしょうか。
しかし、ちょっとした「コツ」を覚えるだけで、仕事のクオリティが飛躍的にアップする、簡単なのに効率的な「メモ術」があります。サントリー「伊右衛門」のCMなど多くのヒットを飛ばす現役コピーライターの小西利行が、著書『すごいメモ。』(かんき出版)の中から3回にわたってお伝えします。

メモ術は頭を整理する「思考術」

サントリーの「伊右衛門」や「ザ・プレミアム・モルツ」、日産自動車セレナ「モノより思い出」、TOYOTA「もっとよくしよう」、ライザップ、「イオンレイクタウン」のクリエイティブ・ディレクションなどなど。

これらは私が手掛けた仕事の一部ですが、前回の記事でもお話ししたとおり、広告代理店の新人時代、私はダメコピーライターでした。現在では独立してPOOL Inc.という会社を率いて、コピーライティングから新商品開発、店舗、商業ビルなどのプロデュースまで行うようになりましたが、私を変えるきっかけは、効果的なメモの取り方を知ったことだったのです。

私がメモの重要性と可能性に目覚めてから、かれこれ20年以上。今では、メモは私の仕事のもっとも重要なパートナーです。「メモ術」は、すなわち、頭を整理する「思考術」。情報処理をするにあたり、メモは非常に大きな働きをします。

メモを取ってもその場で終わり、という人はいませんか? メモは後に見返して活用できなければ意味がありません。そのために大切なのが、未来の自分が読んでも理解することができる「未来メモ」という考え方です。

次ページ時間が経っても理解できる「メモ」のとり方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT