「伊右衛門」コピーライターのすごいメモ術

情報の扱い方が変わり、仕事と収入が激変!

仕事のクオリティが飛躍的にアップする「メモ術」とは?(写真:タカス / PIXTA)
仕事でメモを取ってはいるが、ほとんど見返したことがない、読み返してみてもごちゃごちゃして意味不明……。そんな人も多いのではないでしょうか。
しかし、ちょっとした「コツ」を覚えるだけで、仕事のクオリティが飛躍的にアップする、簡単なのに効率的な「メモ術」があります。サントリー「伊右衛門」のCMなど多くのヒットを飛ばす現役コピーライターの小西利行が、著書『すごいメモ。』(かんき出版)の中から3回にわたってお伝えします。

メモを使えば脳のメモリーを拡大できる

サントリーの「伊右衛門」や「ザ・プレミアム・モルツ」、日産自動車セレナ「モノより思い出」、TOYOTA「もっとよくしよう」、ライザップなどなど。これは、私がこれまでに手掛けてきた仕事の一部です。一度は聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は現在、POOL Inc.という会社を率いて、コピーライティングだけでなく新商品開発、店舗、商業ビルなどのプロデュースを手掛けています。たとえば、「イオンレイクタウン」のクリエイティブ・ディレクション、「一風堂」国内・世界戦略のプロデュース、吉野家、バーニーズ・ニューヨークなどのブランディングやプロデュースなどです。

しかし、広告代理店で働きだしたころの私は、正直、仕事のできないダメなコピーライターでした。がむしゃらに頑張っても成果に結びつかず、周りからの評価も上がらない。しかし、あるときに私を劇的に変える出来事がありました。それが、効果的なメモの取り方を身につける、ということでした。そこから情報の扱い方が変わり、格段に仕事のスピードと質が向上したのです。

次ページターニングポイントのひとつは「メモ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。