就活は何よりも「スタートダッシュ」が大切だ

説明会や内定出しも、昨年より前倒しが進む

今年もいよいよ就活が本格的にスタートした(撮影:今井康一)
いよいよ採用広報解禁の3月1日となった。ナビサイトがオープンし、合同企業説明会も始まる。今年は昨年とスケジュールが変わり、選考開始が8月から6月に前倒しになった。
これから企業の採用活動はどのように変化するのか。そして、学生はどう動けばいいのか。リクルートキャリア・新卒事業本部の大西哲朗マネージャーに聞いた。

会社説明会のピークは3月の第2週に

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

――スケジュール変更による影響をどう予想しますか。

昨年に引き続き「売り手市場」は続いています。株価や為替は不安定ですが、採用人数は数年後を見越して決定されますので、採用計画に大幅な変化はないでしょう。採用の数も質も重視する企業には、少しでもいい学生さんに少しでも早くアプローチしたいという心理が働きます。

昨年、私たちは企業の個別説明会開催のピークは4月末から5月半ばくらいだろうと見ていたのですが、実際のピークは3月末と大幅な前倒しになりました。その結果、大企業・中小企業に関係なく、面接や内々定出しが8月よりも前に水面下で行われていたようです。

今年は、選考が6月に前倒しになりました。そのため、3月から6月までの短い期間に、どれだけ多くの学生にアプローチできるか、接点を持った学生との関係をどれだけ維持できるかが、企業にとって重要になります。当然ですが、採用担当者は気がはやります。ですから3月末がピークだった昨年よりも早く、3月の第2週には会社説明会のピークがくるのではないかと予想しています。

次ページ選考は3~6月の短い期間に集中
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT