就活生よ!自分の価値観を基に企業を選べ

大学3年生が2~3月にやるべきこと<1>

自分の価値観を基にプレエントリー企業を選ぶべきだ(撮影:梅谷秀司)
いよいよ3月1日に2017年新卒採用の広報活動が解禁される。既にインターンシップに参加し、「とっくに就活を始めている」という学生は少なくないが、圧倒的多数の学生がこれから本格的に就活を開始する。
2017年新卒の場合、広報活動解禁日は昨年と同じだが、選考開始は昨年よりも2カ月早い6月1日となる。2年連続のスケジュール変更に戸惑う学生は少なくない。
そこで、『新卒採用基準』(東洋経済新報社刊)の著者で長年に渡って学生の就職指導を手掛けてきた廣瀬泰幸氏に、4回連続で「大学3年生が2~3月にやるべきこと」について解説していただく。第1回は学生が3月1日から開始するプレエントリー企業の選び方。

学生の企業選択の基準は…

私は、ブレエントリー企業を選定する際には、以下の3点を考慮して行うことが良いと考えています。1.自分の価値観 2.入社難易度 3.選考時期です。以下、順に1つずつ解説していきましょう。 

最近、10人の大学生にプレエントリー企業を選択するときに大切にしている項目を聞いてみました。すると、全員が重視した答えは、「安定性」「給料が高いこと」「福利厚生が整っていること」でした。

そこで他の学生がどのように考えているのかを知りたくなり、マイナビが2015年3月1日 ~2015年5月31日に実施し12,526人の学生から回答を得た「大学生就職意識調査」を読んでみました。

次ページ学生の志望動機はチグハグ
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。