「生真面目な女子」ほど就職に失敗する!?

女子学生が就活で陥りやすいワナ<1>

生真面目すぎて就活で苦労する女子学生は少なくない(撮影:尾形文繋)
これから4回にわたり、女子学生が陥りやすい「就活の失敗」について連載していきます。第1回目のテーマは「生真面目さ」。のんびりした男子学生が多いのに対して、女子学生はしっかりと準備する方が多いようです。それだけ、就活へのモチベーションが高い女子学生が多いと言えますが、その「生真面目さが仇となる」こともあります。一体どういうことでしょうか。

自己分析が終わらないと何もしない

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

真面目な女子学生の多くは、就活を受験勉強と同じように捉え、一から順番にこなしていこうとしがちです。私がある就活イベントで会ったA女子大学のK子さんがまさにそのタイプでした。彼女の志望業界は商社。時事問題にも詳しい優秀な女子学生でした。

そのK子さんが聞いてきたのが、「冬のインターンシップは志望業界を絞ったうえで、志望順位が高いところに行くべきですか?」との質問です。

3月に採用広報が解禁される前のインターンシップは、そのほとんどが1日インターンシップで、実質的には会社説明会・セミナーです。志望業界を絞っても絞らなくても、志望順位が低くても高くても、たくさん参加すれば視野が広がります。そう話しても、K子さんは納得しません。聞いてみると、3年生12月の段階でまだ自己分析をしている最中でした。

「買った自己分析本が分厚くて、なかなか仕上がりません。私、昔からきっちりしていないと気が済まなくて。だから、この本が仕上がるまではあまりほかのことをやりたくないんです」とK子さん。

次ページ同時進行でテキパキこなす!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。