「生真面目な女子」ほど就職に失敗する!?

女子学生が就活で陥りやすいワナ<1>

つまり、資格取得が就職にダイレクトに結ぶ付くことは少ないのです。大学の勧めに従って生真面目に勉強して資格を取っても、就職には役立たないこともあるのです。

では、資格がまったくのムダかと言えば、そんなこともありません。資格を取得したということは一定期間勉強したということですから、自分が努力家であるという証明にはなります。また、資格取得の勉強で培った能力をいかに仕事に活かすかを話せば、採用担当者の印象も変わってくるでしょう。

失敗を恐れると内定が遠のく

ようするに、「資格を取得して安心してしまうのではなく、その経験をいかに活かしていけるか」が重要なのです。 

生真面目に受検勉強をして大学に受かった学生は、その成功体験を就活にも活かそうとします。しかし、受験とは違って、就活には正解がないのです。失敗を恐れると内定が遠のきます。

むしろ、学校の成績が優秀でなかった学生のほうが、失敗を恐れずにチャレンジして就職に成功することもあります。完璧を追い求め過ぎるゆえに途中で疲れてしまい、就活のゴールを見失ってしまっては実にもったいないです。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT