就職面接では「気持ちの伝わる声」が重要だ

大学3年生が今この時期にやるべきこと<4>

「面接力」はトレーニングによって向上できる(msv/PIXTA)
企業の選考試験が、それまで学生さんが経験してきた試験と決定的に違うのは、「面接試験」があることです。恐らくは、ほとんどの学生にとって、「面接によって合否の判断が下される」という経験は、初めての方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、今から準備すべき「面接力の向上」についてお伝えします。

人は「感じのいい人」を選ぶ

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

面接試験における最初の関門は、「感じがいい人と思われるか否か」です。仕事は、どんな仕事であれ人と人との協働が欠かせません。そして、人と人が協働する際、中身と同時に「一緒に仕事をしたいといった感情を相手に持ってもらうこと」が大切になります。

皆さんは、実際に会ったこともないのに、俳優や芸能人に「あの人は感じがいいから好きだ。あの人はなんとなく嫌いだ」といった感覚をお持ちになったことはあるでしょうか?実際に「芸能人の人気ランキング」は毎年話題になります。また、「部活やサークル」で新人が入部する際にも、「感じがいい人であること」を大切にしているのではないでしょうか。

企業が入社試験において「感じがいいこと」を軽視していない理由がここにあります。人は「感じのいい人と仕事をしたい」からです。

次ページ自分の印象に関心を持とう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT