「大卒30歳平均賃金」ベスト100社ランキング

「CSR企業総覧」で読み解く有望企業

初任給だけでなく30歳平均賃金にも注目しよう(写真 :tooru sasaki / PIXTA)
『CSR企業総覧』という分厚い本をご存じだろうか? 総ページ数2568ページに1325社のCSR(企業の社会的責任)情報がびっしり詰まっている刊行物だ。
CSRというと社会貢献や環境活動のイメージが強いかもしれないが、この本には各社の賃金・各種諸制度、女性活用・ダイバーシティ、有給休暇や家庭と仕事の両立支援など雇用に関する情報がたくさん掲載されている。これから就活を開始する学生の皆さんにも見ていただきたい有望情報が満載だ。
今回から複数回に分けて、この『CSR企業総覧』に掲載しているさまざまな就職に役立つ情報を主にランキング形式でご紹介していきたい。

賃金がわかれば生活がイメージできる

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

第1回目の今回は「大卒30歳平均賃金」だ。ランキングは100位まで紹介。データは基本的に大卒・総合職の「実在者平均の月例賃金」だが、一部例外もある(ランキング下の注記を参照)。「注」には各社の特殊要因、さらに「最高」、「最低」の金額も開示がある場合は掲載した。

30歳といえば、大卒で8年、大学院(修士)修了で6年程度の勤務となる。仕事にも慣れチームのリーダーとして活躍し始める時期でもある。中には家庭を持つ人も出てくる。徐々に支出も増え、それなりの収入は必要になってくる。事前にこの時点の賃金がわかれば、将来の生活もイメージしやすい。

一般的に初任給はどの会社も示すが、その後の給与水準は外部には出さないケースが多い。「大卒30歳平均賃金」のような開示義務のない賃金データをCSR情報として出す会社は「従業員の生活を気にしている」と考えてよい。金額にかかわらず開示すること自体が「優れた会社(東洋経済では「信頼される会社」と呼ぶ)」の評価ポイントとなる。

次ページ30万円以上が比較的待遇がよい優良企業
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT