初公開!平均年収ランキング「近畿528社」

1位は不動のキーエンス、医薬系も目立つ

キーエンスの高給は全国トップクラス。近畿ではもちろんダントツだ

2015年も残り6日となった。きょう12月25日は多くの企業で、今年最後の給料が支払われる日だ。給与明細と同時に今年の源泉徴収票が配布される職場も少なくないだろう。源泉徴収票には、今年の年収が記載されている。

あなたの年収は、昨年に比べて増えただろうか。自分や同僚の年収だけでなく、ほかの企業に務める友人・知人の年収との比較も気になるところだ。この時期は地元に帰省する人も少なくないだろう。地方で仕事をしている人はいったいどのぐらいの給料をもらっているのだろうか。

『会社四季報』2016年新春号では、全上場企業の平均年収、平均年齢を記載。画像をクリックすると、アマゾンの販売サイトにジャンプします

東洋経済オンラインは『会社四季報』(新春号が発売中)でも掲載しているデータを活用して、全上場企業約3600社を全国7地域(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けた平均年収ランキングをまとめた。その第1弾として近畿地方の2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)に本社を置く528社のランキングを公表する。

本社の所在地は『会社四季報』2016年1集(12月発売)の本社欄に掲載した実質上の本社を採用。その他のデータは2014年9月期~2015年8月期の有価証券報告書に掲載された値を用いた。従業員数は連結ベースを優先し、平均年齢と平均年収は単独とした。

上位は大阪府に本社を置く企業がズラリ

近畿地方は、東京都に次ぐ本社数を抱える大阪府の企業が上位に並んだ。1位のキーエンスはFAセンサーが主力のメーカー。全国でもトップの常連で平均給与が高いことでも知られている。1648万円の平均年収と高額でも、高い利益率を誇る。

非財閥系商社で、「商人の町」大阪を代表する企業といえば、3位にランクインした伊藤忠商事。他の商社が資源価格の下落で苦しむ中、非資源分野にも強みをもつ伊藤忠商事は業績が堅調だ。

そのほか、医薬品大手は古くから大阪に本社がある会社が多い。製薬大手は平均年収が高いことでも知られているが、武田薬品工業は平均年収が945万円でランキングの7位、小野薬品工業は870万円の12位だった。
近畿で従業員数が1位だったのはパナソニック(ランキング57位)だった。 

次ページまずはトップ50社!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT