メーカーは「文系女子」を採用したがっている

キリン、アルプス電気で活躍する女性たち

文系女子社員がメーカーで、新商品の開発にかかわることもある。写真はキリンビールの各種商品(撮影:尾形文繁)
「メーカーは理系学生が入社する会社」「文系が入社してもおもしろい仕事をさせてもらえない」などと話す就活生が多いことに驚きます。特に文系女子の場合、「メーカーは絶対無理」と最初から諦めている就活生もいます。多くの文系女子はメーカーに縁がないと決めつけているようです。
しかし、これは全くの誤解。メーカー側からすると、「理系だけでなく、文系女子にも入社してほしい」と願っています。市場変革を迎えている今は、人材の多様性が企業の生き残りには必須。女性の力はメーカーになくてはならない存在なのです。
そこで、今回はキリンホールディングスとアルプス電気という就活生が知っている有名メーカー2社の事例から、文系女子のメーカーでの活躍ぶりを紹介します。

文理の隔てなく全学部対象に採用

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

キリンHDは日本を代表する酒造メーカーです。2015年3月末の従業員数6712人のうち、女子は1446人で女性比率は22%を占めています。2015年4月入社の社員に絞れば、全83人のうち女子は36人。文系女子だけでも25人が入社しました。

同社は全学部全学科が採用対象で、文・理別の採用枠を設けていません。出身学部に関係なく活躍の場が用意されていて、理系出身者がマーケティングを担当することもあれば、文系出身者が商品開発に深く携わることも珍しくありません。

マーケティング部商品開発研究所に勤務する吉野桜子さんは、東京大学の文学部で社会心理学を学び、2006年に入社しました。仲間とともに演劇サークルを立ち上げて脚本を担当するなど、充実したキャンパスライフを過ごしたとのことです。

次ページ7種類のブランド開発に関与
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。