ピケティ絶賛!格差解消の切り札はこれだ

平等な社会に向けた現実的なビジョン

だがこの批判はまさに、本書の主な強みにもなっている。基本的には、アトキンソンは臆病な政府が行動しない口実など本当は持っていないことを示している。というのも、自国だけでも行動することは十分可能だからだ。アトキンソンが提示する行動計画の核心は、国際的な協力といったあてにならない見通しを待つことなしにイギリスが単独実施できるものだ。それを言うなら、イギリス以外の国にも修正して適用できるのだ。

EUに抱いている幻滅。しかし、希望の炎は消したくない

行間を読めば間違いなく、アトキンソンがEUに対して抱いている幻滅をある程度はかいま見られる。でもアトキンソンが指摘するように、彼はEUの昔からの支持者であり、特にイギリスが1973年にEU加盟を果たしたときにはそうだった。その時代、多くの加盟国はイギリスの福祉国家の税収により財源(特に国民健康サービス)を疑問視した。

それは、福祉国家の費用が雇用者の負担となっている諸国にとって、容認し難い競争形態と見られた。当時のイギリス左派の相当部分は、ヨーロッパとその「純粋で完全」な競争へのこだわりのなかに、社会正義と平等性の政策に対する敵意を見て取った。「当時、こうした疑念は正当なものではなかった」とアトキンソンは語る。ここには、現在ならもっと正当性があると付け加えたい雰囲気が感じられるが、アトキンソンは決してそこまでは言わない。EUの希望の炎を消したくないからだ。

本書は楽観論者であり、イギリス、ヨーロッパ、全世界の市民によって書かれた本だ。それが伝える、もっと公正な経済についての幅広い感覚は、本書が持つ多くの魅力の一つだ。それは個別の選挙の結果がどうなろうと、モデルとなる本なのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。