ビッグになりたい「ダンボール女子」の野望

職人?アーティスト?パフォーマー?

ダンボール女子として売り出し中の大野萌菜美さん(右)。この格好で電車に乗って東京・丸の内までやって来ました
ダンボールで何でも作ってしまう「ダンボール女子」として売り出し中の大野萌菜美さん。フェイスブックなどを通じて、ジワジワと人気が高まっている大野さんの、始まったばかりのキャリアストーリーに迫った。

好きなことをやっているのはすばらしいこと

塩野:ブログを読ませていただきました。ダンボールでアートする女子という、ほかには誰もやっていないことへの挑戦は、好きなことで生きていきたい多くの学生や20代前半の人たちの励みにもなると思います。好きなことをやって成功している人がいるんだ、というのは、すばらしいことだと思います。今日は、そうした大野さんのチャレンジについて、いろいろと話を聞ければと考えています。アルバイトは辞めて、今はダンボール女子に専念しているんですよね?

大野:はい、6月にアルバイトを辞めました。辞めてダンボールだけで食べていこうと決めたのですが、正直なところ、ダンボールだけではなかなか食っていけません。

塩野:そうした悩みも含めて聞かせていただければ、と思います。まず、大野さんのご出身は大阪芸大ですよね。

大野:はい、そうです。大阪芸大のキャラクター造形学科・アニメーションコースを出ております。小学校の時から絵を描いていて、小学校の時は夏休み工作などもあったので、工作と絵を描くということをやって、それが大好きでした。中学に入ってからは何もものを作らなくなり、そこからなんとなく美術部に入って、アニメーターになってやると思っていたんです。実は、私はずっとアニメーターを目指していたんです。

塩野:マンガではなくアニメーターだったんですか。

次ページなぜアニメーターを目指したのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。