ビッグになりたい「ダンボール女子」の野望

職人?アーティスト?パフォーマー?

ダンボール女子として売り出し中の大野萌菜美さん(右)。この格好で電車に乗って東京・丸の内までやって来ました
ダンボールで何でも作ってしまう「ダンボール女子」として売り出し中の大野萌菜美さん。フェイスブックなどを通じて、ジワジワと人気が高まっている大野さんの、始まったばかりのキャリアストーリーに迫った。

好きなことをやっているのはすばらしいこと

塩野:ブログを読ませていただきました。ダンボールでアートする女子という、ほかには誰もやっていないことへの挑戦は、好きなことで生きていきたい多くの学生や20代前半の人たちの励みにもなると思います。好きなことをやって成功している人がいるんだ、というのは、すばらしいことだと思います。今日は、そうした大野さんのチャレンジについて、いろいろと話を聞ければと考えています。アルバイトは辞めて、今はダンボール女子に専念しているんですよね?

大野:はい、6月にアルバイトを辞めました。辞めてダンボールだけで食べていこうと決めたのですが、正直なところ、ダンボールだけではなかなか食っていけません。

塩野:そうした悩みも含めて聞かせていただければ、と思います。まず、大野さんのご出身は大阪芸大ですよね。

大野:はい、そうです。大阪芸大のキャラクター造形学科・アニメーションコースを出ております。小学校の時から絵を描いていて、小学校の時は夏休み工作などもあったので、工作と絵を描くということをやって、それが大好きでした。中学に入ってからは何もものを作らなくなり、そこからなんとなく美術部に入って、アニメーターになってやると思っていたんです。実は、私はずっとアニメーターを目指していたんです。

塩野:マンガではなくアニメーターだったんですか。

次ページなぜアニメーターを目指したのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT