ビッグになりたい「ダンボール女子」の野望

職人?アーティスト?パフォーマー?

ダンボール女子として売り出し中の大野萌菜美さん(右)。この格好で電車に乗って東京・丸の内までやって来ました
ダンボールで何でも作ってしまう「ダンボール女子」として売り出し中の大野萌菜美さん。フェイスブックなどを通じて、ジワジワと人気が高まっている大野さんの、始まったばかりのキャリアストーリーに迫った。

好きなことをやっているのはすばらしいこと

塩野:ブログを読ませていただきました。ダンボールでアートする女子という、ほかには誰もやっていないことへの挑戦は、好きなことで生きていきたい多くの学生や20代前半の人たちの励みにもなると思います。好きなことをやって成功している人がいるんだ、というのは、すばらしいことだと思います。今日は、そうした大野さんのチャレンジについて、いろいろと話を聞ければと考えています。アルバイトは辞めて、今はダンボール女子に専念しているんですよね?

大野:はい、6月にアルバイトを辞めました。辞めてダンボールだけで食べていこうと決めたのですが、正直なところ、ダンボールだけではなかなか食っていけません。

塩野:そうした悩みも含めて聞かせていただければ、と思います。まず、大野さんのご出身は大阪芸大ですよね。

大野:はい、そうです。大阪芸大のキャラクター造形学科・アニメーションコースを出ております。小学校の時から絵を描いていて、小学校の時は夏休み工作などもあったので、工作と絵を描くということをやって、それが大好きでした。中学に入ってからは何もものを作らなくなり、そこからなんとなく美術部に入って、アニメーターになってやると思っていたんです。実は、私はずっとアニメーターを目指していたんです。

塩野:マンガではなくアニメーターだったんですか。

次ページなぜアニメーターを目指したのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT