ビッグになりたい「ダンボール女子」の野望

職人?アーティスト?パフォーマー?

塩野:そういう提案をしたら、いくらでも乗ってくれると思うんですけど。

大野:ショーウインドーですか。今日は全然知らないことばかりで勉強になります。

塩野:ショーウインドーは頻繁に中身を変えるので、リピートで仕事が来るので、そうした企業とのコラボはいいはずですよ。

大野:うわっ、その仕事、絶対に欲しいです。去年は家賃も出せなかったんですが、そういう仕事もやって徐々に収入が上がっていったら自分の心も安定するかなと思います。

ギャラを1日1万円から3万円に引き上げ

塩野:それからコピー作品をつくる場合、著作権の処理なども厳密に行ったほうがいいかもしれません。徐々に仕事が増えてくれば、法人にすることも必要ですし、仕事に関するおカネの交渉は自分ではなく秘書役にまかせるべきです。あとアーティスト、パフォーマーでいうことでは、オリジナル作品にもどんどん取り組んでいくといいと思います。

大野:一応、オリジナル作品としてロボットの腕なども作ってはいるんですけど、まだその評価が低かったりするので……。最初はオリジナルを作りながら、『ゴーストバスターズ』だったり好きなものを作るというのをやっているつもりだったんですが、徐々に傾いていって、今は好きなものだけ、になっています。

塩野:オリジナルのものを作らなくてもいいのだとしたら、たとえば、経営共創基盤のロゴマークをダンボールで造形するとなると、それっておいくらですか。

大野:企業のロゴ! やったことないので、どうなんだろう……。去年までは1日1万円だったのですが、「1万円じゃプロじゃない」と、いろいろな知り合いの方から言われて。今は3万円にしろと言われています。でも怖くて、なかなか3万円って言えません。

塩野:しっかりとした価格を付けるべきですね、そうすれば多くの仕事のチャンスが舞いこんでくるはずです。ここは判断ですが、受注制作をやる場合は、受注制作で利益をしっかりと出さなければオリジナルの制作もできないわけですから、10万円、20万円という価格を付けた方がいいと思いますよ。

大野:そうしたことも含めて、どんどん学んでいきたいと思います。これからの進歩を、ぜひ見守っていてください。

塩野:ぜひ頑張ってください。アーティストの大野さんを応援しています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。