苦しい時、「好きな仕事」が助けてくれる

世界が評価する漫画家の知られざる苦悩

音量にご注意ください(注:コメントの中の「今月」は「3月」のことです)
高浜寛さんはデビュー以来、国内よりも海外でいち早く評価されてきた作家だ。著作の多くがフランス語訳されており、『イエローバックス』でアメリカ「The Comics Journal」誌「2004年ベスト・オブ・ショートストーリー」を受賞。各国の著名な画家・作家らとともにファッションブランド「カルティエ」の商品ブックレットにも作品を寄せている。
最新作となる『蝶のみちゆき』は長崎丸山遊郭の遊女と病の男との切ない愛を描き、フランス政府芸術文化勲章受章作家の谷口ジローと、フランスB.D.の巨匠・ペータース&スクイテンが絶賛している。

 

前編 「筑波大卒漫画家」というキャリアはどう生まれたか

基本的に性善説というスタンスで描く

塩野:『蝶のみちゆき』も『四谷区花園町』も、出てくる人が優しいですよね。前者で言えば、廓(くるわ)のやり手であるおたきさんですとか……。

高浜:九州人はいい人なんです。意地悪なおばちゃんなんだけど、困っている時はちゃんと助けてくれたり。いつもはすごいバカにしたり、こき下ろしたりしても、ときどきおかずを「食べなさい」と持って来てくれたりするんですね。

塩野:やっぱりそういうご自身のオリジンというか、血筋のようなものが作品に出ているなと思われますか?

高浜:あると思います。東京と優しさの出方が違う感じがしますよね。私は性善説が好きで、基本的にみんな優しいんだというスタンスで描いています。

塩野:最近の漫画ではそういう優しさを感じるものがあまりないですね。

次ページ最近の人たちはやさぐれている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。