筑波大卒の世界的漫画家はどう生まれたか

自分を評価してくれる人との出会いを大切に

高浜寛さん(右)と記念撮影(恒例の動画インタビューは後編で掲載します。お楽しみに)
高浜寛(たかはま かん)さんはデビュー以来、国内よりも海外でいち早く評価されてきた作家だ。著作の多くがフランス語訳されており、『イエローバックス』でアメリカ「The Comics Journal」誌「2004年ベスト・オブ・ショートストーリー」を受賞。各国の著名な画家・作家らと共に、ファッションブランド「カルティエ」の商品ブックレットにも作品を寄せている。
最新作となる『蝶のみちゆき』は長崎丸山遊郭の遊女と病の男との切ない愛を描き、フランス政府芸術文化勲章受章作家の谷口ジローと、フランスB.D.の巨匠・ペータース&スクイテンが絶賛している。

初期作品は日常がテーマ

最新刊は幕末の遊郭を描いた『蝶のみちゆき』(写真右、上の画像をクリックするとamazonのサイトにジャンプします)

塩野:高浜先生のお話を読ませていただいていると、グダグダっとした、くだらない人々に対しての優しいまなざしを感じます。あとがきなどに書いていらっしゃいますが、けっこう周りにいる人を組み合わせてキャラクターを作られているそうですね。そうすると、ストーリーというよりは、キャラクターが先にできて描き始めるのですか。

高浜:初期の頃はキャラクターや、ラストのシーンを先行して作ってたいたのですが、途中から少しシナリオの勉強をし始めて、順番が変わってきました。まず取材をして、コンセプトというかぶれないテーマを決め、それに合ったストーリーや、キャラクターの性格を作るというふうにしています。

塩野:初期の作品である『イエローバックス』を読むと、本当にあった日常の、ある部分だけ切り取ったような感じをすごく受けます。初期はそういう具合に、ご自分の経験から考えられたのですね。

次ページ最初は雑誌「ガロ」で20ページの連載から
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。