筑波大卒の世界的漫画家はどう生まれたか

自分を評価してくれる人との出会いを大切に

高浜:はい。最初の頃は「ガロ」という雑誌で連載しており、20ページ以下ぐらいの枠で連載させていただいていました。その中で描けることというと、やっぱり日常のことにかぎられてくるわけです。私、その頃茨城に住んでいたのですが、結構田舎なんですね。

塩野:筑波ですね。空や風景とか、その感じがすごく出ていますよね。

高浜:田舎で行動範囲がかぎられていたので、やっぱりそういう自分の生活内でのテーマが多くなっていました。あんまり壮大なことには目がいかなくて。

塩野:でも登場人物は外国人が多いですよね。日本人と外国人、男性と女性とかの、ダイアログというか、会話でガーッと迫ってくる漫画だなと思っていました。その会話は、創作の中でどんどん浮かんでくるのでしょうか?

見よう見まねで描き始めた

高浜寛(たかはま かん)●熊本県天草生まれ。筑波大学芸術専門学群卒。著書に『四谷区花園町』、『SAD GiRL』(未邦訳)、『トゥー・エスプレッソ』、『凪渡り―及びその他の短篇』、『泡日』、『イエローバックス』、『まり子パラード』(フレデリック・ボワレとの共著)など。「月刊コミック乱 5月号」から『ニュクスの角灯(ランタン)』の連載が始まったところ。

高浜:そうですね。ある程度のストーリーは最初に作っているけれども、会話は描くうちにどんどん浮かんでくるんです。ちょうどその頃は、国立環境研究所で秘書のバイトをしていまして、やっぱり変わったキャリアを持っている、いろいろな理系の人たちが来られていたんです。

外国人の客員研究員の方たちも、同じスペースで働いていました。同じ職場の同僚の人たちが、南極の基地に転勤になったこともあります。

塩野:昭和基地ですか。

高浜:はい。そういうことがリアルであるような場所でした。

塩野:そういう意味では、初期は私小説のように、私的なことを描かれていたんですね。

高浜:初期の頃に、フランス人のフレデリック・ボワレさんという人と知り合ったんです。のちにコラボ作品の仕事を一緒にしたりもしたのですが、この方が、自身と思われるキャラクターを出すのが好きなんですね。その手法を面白いなと思って、よく使っていました。たとえば自分の延長のことを描いたり、私と思われるキャラが出てきたりするけれども、性別が違ったりしています。

塩野:あの『泡日』で出てくる「えっちゃん」は高浜先生ですか? 

高浜:私みたいなキャラクターだなと自分でも思っています。ちょうどその頃、私がしていた髪型や、私が着ていたセーターを着せていますしね。

塩野:今おっしゃったフランスの作家さんや、B.D.(ベー・デー/バンド・デシネ)の影響を受けていると、ご自分でも思われますか。

高浜:私、日本でマンガの描きかたを教わったことがなくて、アシスタント経験もないんです。見よう見まねで描き始めたのも、大学に入ってからですし……。いちばん最初にいろいろなスキルや、生き方、作家としてのスタンスを教えてくれたのは、フランスの作家たちだったんですね。

塩野:アシスタントをご経験されていない。すると最初から、ピュアというか、真っ白なところにそういうものの影響があったんですね。

次ページフランスの漫画祭でのチャンス
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT