慰安婦問題の「早期解決」は、なぜ困難なのか

はっぱをかけるだけでは物事は進まない

交渉をしたところで、日韓両国の立場があまりにもかけ離れており、歩み寄る展望は見えない。韓国側は、日本政府による「国家補償」と「謝罪」を求めている。このうち謝罪については、日本政府は過去にも複数回行っており、また、あらためて謝罪することも可能だろう。

しかし、「国家補償」すなわち、法的な補償をすることについては、日本政府は請求権問題は1965年の日韓国交正常化の際に結ばれた日韓請求権・経済協力協定(以下「請求権協定」)で解決しており、「国家補償」はできないという立場だ。

韓国側はこの日本政府の法的立場を承知の上で、なおかつ「国家補償」を求めている。請求権協定について日韓の解釈は異なっているのだ。

慰安婦問題解決のため、これまで、両政府間の話し合い、国連での審議、日本が設置した「アジア女性基金」などを通じて様々な努力が重ねられてきたが、残念ながら法的解釈に関する両者の溝は狭められなかった。

今回の首脳会談では、この点について何らかの進展はあったのだろうか。具体的な会談内容は明らかになっていないが、菅義偉官房長官の会談後の発言などを見ても、法的には解決済みという日本側の立場は変わっていないようだ。つまり、日韓間での根本的な相違点については今回の首脳会談においても進展はなかったと思われる。

日本政府が懸念していること

日本政府は、慰安婦問題を論じる際に、いわゆる「徴用工」の問題に波及することも懸念している。「徴用工」とは「戦前日本政府によって動員された朝鮮半島出身者で日本の企業での労働に従事した者」のことで、一部ではすでに補償を求める声が上がっている。

慰安婦問題だけでも困難なのに、さらに「徴用工」の問題が絡むとますます複雑化して扱いにくくなるので、現在は慰安婦問題だけを政府間で話し合っているが、もし日本政府が元慰安婦に「国家補償」をすると、「徴用工」からも同じような要求が出てくる恐れがある。さらに、朝鮮半島に残してきた日本人の財産の処理問題にも波及する恐れがある。

次ページ日韓国交正常化交渉で合意したこととは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT