「日ロ平和条約」は、長くて困難な道である

「プーチン訪日延期」の正しい読み方

プーチン大統領は、日ロの関係改善に積極的とはいえない(写真:REUTERS/Aleksey Druzhinin/RIA Novosti/Kremlin)

年内に予定されていたプーチン大統領の訪日が年明け以降に延期されてしまった。10月中旬に明らかになったこの延期は、ウクライナ問題の影響で日ロ関係が悪化してしまったことが原因だろう。この訪日延期によって、ロシアとの今後の平和条約交渉はどうなるのだろうか。今回はこの問題を考えていきたい。

言うまでもなく、日ロの交渉は苦難に満ちたものであり、長い時間をかけて少しずつ前進が図られてきたものだ。微妙に前進することもあれば、ズルズルと後退することもあった。例えるならば、急な上り坂で大きな荷物を載せた大八車を押し上げるようなものである。

今回、この大八車=「日ロ号」の押し上げられた高さで、交渉の進捗の歴史を見ていく。過去の日ロ交渉の過程を詳細に知っておくことで、これからの交渉を見る上での視座ができることだろう。なお日ロ間の合意事項はできるだけ外務省の資料に基づいて記述した。

原点は1956年の日ソ共同宣言

日ロ両国が戦争状態を終了させ、領土問題の解決について、中間的ではあったが、合意を達成したのは1956年の日ソ共同宣言だった。「歯舞、色丹島については平和条約が締結された後にソ連から日本へ引き渡される」と明記された。

その他の領土問題について共同宣言では直接の言及はなかったが、グロムイコ第一外務次官から松本俊一全権に送られた書簡では、「領土問題をも含む平和条約交渉を継続することに同意することを言明します」と明記されていた。ところがその後、ソ連は、日本が米国と安保条約を結んでいることを口実に領土問題について何も合意しなかったかのような態度を取るようになった。

次ページ田中首相が行ったこと
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT