ロシア人はプーチン大統領のココが好き

日本に向けたメッセージを読み取れ!

9月末NYで開かれた日ロ首脳会談では、領土問題などの意見交換がされたが…(写真:RIA Novosti/ロイター/アフロ)

ロシア経済は欧米からの経済制裁もあり、まだかなり傷んでいるようだ。頼みの原油価格も回復の兆しが見えず、ウリュカエフ経済発展相によると、2015年の経済成長率はマイナス2.8%からマイナス3.3%に下方修正され、2016年もプラス2.3%からプラス1%~2%に下方修正された。

とはいえ、プーチン大統領の肝いりで9月3日からウラジオストクで開催された「東方経済フォーラム」は、3000人を超える参加申し込みのためにホテルが足りなくなるほど。ロシア貿易への関心の高さと期待の大きさがうかがわれた。個人的には、そろそろロシア経済もアク抜けしそうな予感がしている。

ロシア人が評価する大統領、評価しない大統領

1989年以来60回ほどロシアに訪問し、ロシア貿易に携わってきた私だが、常々不思議に思っていることがある。それは、経済面で大変厳しい状況にあるにもかかわらず、なぜプーチン大統領がロシア国民に人気があるのかということだ。

プーチン大統領は1999年、エリツィン大統領から大統領代行に指名され2000年3月に大統領選に当選。多少の変遷はあったものの、抜群の人気を得ながら安定した政権を担っている。今でも85%の支持率を誇っているというし、15年もの長きにわたって政権を握っているのは驚異的だ。今回、ビジネス関係者からの証言なども含めて、ロシア人と歴代大統領について深掘りしてみたい。

次ページゴルビーは欧米で人気だったが
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。