ロシア人はプーチン大統領のココが好き

日本に向けたメッセージを読み取れ!

この時、蝶理モスクワ店の女子社員たちはエリツイン大統領の男らしさに拍手喝采していた。でも、無名だったプーチンがこれほど長期にわたって人気を維持するとは、いったい誰が予想しただろう。

話を元に戻そう。国際的にはノーベル平和賞まで受賞したゴルバチョフ氏は好かれず、アルコール中毒だが男らしいエリツィン氏は人気がある。ロシア国民の特徴がここに隠されている。それは、ツァーリ(ロシア皇帝)の時代から、政権の中心に座る権力者は強くて男らしくなければ「大君主」として認められないのだ。

歯に衣着せぬ率直な物言い

農奴が多く、モンゴル系タタール人に支配されていたこともあるロシア人には、冷酷なほど強い意思力を持つ権力者に憧れる素地があるのではないかと筆者は推察している。ロシア人にとってゴルビーは、欧米に言われるままにペレストロイカやグラスノスチを進めて旧ソ連を崩壊させた人物として、「敗軍の将」に見えるのではないだろうか。

さて、プーチン人気が高まったのは、大統領就任後の「チェチェン進攻作戦」からだ。断固としてイスラム過激派を殲滅するのだという強い意志力を国民は確認した。ウクライナ紛争やシリア紛争でも、明確な行動で対処する「強い君主」に映るのだ。

プーチン大統領の記者会見の模様を見ていると、資料を見ないで自分の意見をとうとうと述べる頭脳明晰さに驚く。言いにくいことも歯に衣着せぬ率直に発言する姿勢に、拍手喝采したくなるのはロシア国民だけではないはずだ。リュドミラ夫人との離婚会見も印象深いものだった。「俺は政治に没頭するために離婚を選んだ」とばかり、クレムリン宮殿でバレエを鑑賞した後に、テレビのインタビューで離婚発表をした。新体操の大スター、アリーナ・カバエワとの愛人関係も公然の秘密となっているが、2組に1組が離婚をするロシアの国民性ゆえに問題にはならないのだろう。

次ページプーチン来日はいつ?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。