なぜロシアでは、日本食ブームなのか

モスクワでは「あの外食チェーン」に長蛇の列

モスクワでは今日本食ブームだ。長蛇の列に、レアメタル王・中村社長が驚いたチェーンとは?(写真:ITAR-TASS/アフロ)

今回のコラムは、先日ロシア出張に行った際の「現地レポート三部作」の最終回だ。

過去2回のコラム「ロシアでレクサスが『バカ売れ』するワケ」「ロシア経済は『破たん』してしまうのか」はおかげさまで好評だった。これらに加え、突如クリミアを訪問した鳩山由紀夫元首相の行動を批評した「鳩山由紀夫元首相は、宇宙人かバカか天才か」も、元首相という立場はさておき、「ロシアとの多元的なつきあい方の例」としての見方を提示できたと思う。

三部作の最後は、国際ビジネスマンの立場から、日本として現状のロシアの苦境をどう「利用」すべきか、私の考えを披瀝したい。

資源買うなら今!「逆張り」で対ロ貿易を推進せよ

ロシアに対する欧米の制裁については、今さら多くを語るまでもあるまい。欧州とロシアの貿易は停滞し、信頼関係は喪失したに等しい。一方、中国と韓国が欧州の輸出を支え、ロシアと中国と韓国との貿易も増加傾向。つまり、日本が米国に気兼ねしている間に、中国と韓国は欧州にもロシアにも急接近していたというわけだ。

私から言わせれば、今からでも遅くないので、日本は対ロシア貿易に踏み込むべきである。日本の対ロ貿易は思い切った手を打たなかったために、落ち込みぶりが著しい。特に昨年9月から12月の対ロ輸出ではルーブル安の影響から前年同月比で約60%の大幅な輸出減となった。

一方では、インフレを予測して駆け込み需要が増加するのでルーブル安が進んだ12月には、ロシアではモノが売れまくった。スーパーの家電の売上高はどこも50~100%増加。モスクワのユニクロも大幅売り上げ増となった。経済は生き物だから日本的な「君子危きに近寄らず」では、中国と韓国の安物に市場を取られるだけである。

次ページロシアから買うもの、ロシアへ売るものは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?