ロシアリスクがわかる「3600の法則」とは?

2015年のリスクは欧州・ロシア・中国

「2年の冬ごもり」を宣言したロシアのプーチン大統領。熊を侮ってはいけない(写真:Abaca/アフロ)

新しい年の始まりである。年末年始は取り立てて大きなニュースもなく、年明け後の筆者の周囲では、「紅白は誰の歌がどうだった」みたいな暇ネタが飛び交っている。まことに長閑なる正月といえよう。

2015年、用心すべきは「地政学的リスク」

しかるに株式相場は、日経平均株価がいきなり1000円近く下げたりして、「未辛抱(ひつじしんぼう)」という相場格言がちらつき始めた。確かに石油価格の下落は日本経済にとっていいニュースだが、昨年夏まで1バレル100ドルを超えていたものが、いきなり50ドル割れでは極端過ぎる。

さらにギリシャは総選挙に突入し、「毎度おなじみ」のお騒がせモード。フランスの風刺週刊紙が、イスラム過激派に襲撃されたのも、なんとも嫌な事件である。

思うに2015年は、経済の基礎的条件(ファンダメンタルズ)はそれほど悪くないのだが、外的要因、もっと言ってしまうと地政学的リスクに用心しなければならない。シートベルトを締めながら、あらためて今年の外的リスクを点検してみよう。

こういうときに役に立つのが、毎年、ワシントンのコンサルティング会社「ユーラシアグループ」が年初に発表する『今年のトップ・リスク』だ。同社を率いる政治学者のイアン・ブレマー所長は、過去には「Gゼロ」などの国際的なBuzzword(流行語)を生みだしている。1月5日に発表された2015年版は、以下のようなラインナップだ 。熟読玩味しておきたいところである。

次ページユーラシアグループの「トップ10リスク」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT